大津美紀 Secret Live
at 南青山
MANDALA
2001.5.20 (sun.)

love letter(ピアノ弾き語り)
egress〜生まれ変わりたくて
かたおもい
生まれたばかりの子ねこを抱きしめるように(
inst.Ver.
小指
手のひらからこぼれる雨
いつか
今 ここに


5月15日(Tue.)
1日目のリハーサル

 この日は午後からスタジオで、ある歌のお仕事があり、結構喉を使ってしまったというのもあったので、夕方からのリハーサルでは主に歌よりもライブの編曲に力を入れて行ないました。「あ〜でもない、こ〜でもない」といろいろな注文をする大津に対し、ミュージシャンのみなさまはにこにこと快く応じて下さり、スムーズに6曲分のリハーサルが終わりました。

写真(上)目をつむり唄う癖があってなかなか治らない。本番ではできる限り開けるように努力したつもりなんだけど・・・(^-^;)。
(下)ビオラの小谷泉さんとチェロの宮澤等さん。お二人ともお忙しい中ありがとうございました。
(リハーサルスタジオ ラウム338にて)


は、目をつむって唄う癖があります。


5月18日(Thu.)
2日目のリハーサル

 悩みに悩んで「生まれたばかりの子ねこを抱きしめるように」のインストバージョンを演奏することに。朝までかかり編曲し終え、リハに挑む。が、何の問題もなくすんなりと“イイ感じ”に仕上がり満足、満足。(本番でもとても好評でした。歌もののインストって純粋にメロディーの良さというかセンスが引き立つのでいいなあと思いました。また挑戦しよう。)最後に1度全体を通してリハーサルを行ない、いよいよ本番を待つのみとなりました。1曲はピアノ弾き語りなので家でひたすら練習しました。(生ピアノないけど・・・。)

写真(上)喉が強いほうではないのでリハーサル中もひたすら水分を取っていた。これはマックの爽健美茶。ピアノは生ピアノじゃなくてヤマハのCPというやつでした。
(下)ちなみに楽譜は本当は見ないほう。当日ピアノの上に置いておいたのは安心するため(^-^;)。
p.s.裸足で失礼m(- -)m。
(リハーサルスタジオ タッツにて)







5月20日(Sun.)
いよいよ本番!
あああ
6:30_起床。もちろん昨夜はほとんど眠れず緊張でちょっと吐き気もする・・・。とりあえずいつものミネラルウォーターとビタミン剤を飲み、気合いを入れてみる。が、気合いはここんとこずっと入れっぱなしだった(笑)。
8:45_家を出る。電車の中では割と寝ていた。というより(気合いをいれすぎて)あとで疲れないように休んでいた、という感じ。
9:50_かなり早めに現場に到着。
10:40_リハーサル開始。思ったより弾きやすいピアノで良かった、ちょっと安心。(^-^)「わ、わ、わたしはこのステージで唄うのね!!」という感じ。
11:10_リハーサル終了。食べ物飲み物類を買いに行くが、緊張であまり食べれず。


全体の雰囲気はこんな感じ
12:00_このくらいの時間から入り口あたりにぽつりぽつりと人影が。この日は真夏日だったから(←ほんとに!)暑かったでしょう。ありがとね。
12:30_開場 出番はまだまだ先なのに私の心臓の鼓動は凄い事に!そんな中、岡崎律子さんが(楽屋に)来て下さってとても感激。(; ;)本当に嬉しかったです。
13:30_メイク開始。気持ちがかなり動揺していて手つきも怪しい。(今回はヘアウィッグとかをつけたからちょっと大変だったの。)
14:00_「どうしよう、どうしよう」という独り言連発。
(その「どうしよう」の中にはウィッグがとれて飛んだらどうしよう、とか本番中にトイレに行きたくなったらどうしよう、とかいきなりステージでつまづいたらどうしよう、なども含まれる(笑)(←小学生なみの緊張度。)
14:10_何とかメイク関係を終える。が、トイレに何度も行く。


衣装制作:s.真那実


14:30_緊張がピークに達し足取りもフラフラ状態。鼓動も荒く呼吸困難に陥る。(; ;)もちろんその横でベテランミュージシャンのお二方は余裕の表情。「だいじょーぶ、だいじょーぶ」って。(; ;)
14:45_緊張のあまり靴を(ピアノ用のちょっとヒールがあるやつに)履き替えるのを忘れ、そのままステージへ!(もちろんステージが終わり楽屋に戻るまで気がつかなかった。(^-^;))(でも演奏に支障はなかった。)用意していた靴は衣装に合わせて黒いシックなやつだったのに、いつも履いてるお花のついた真っ赤なぺたんこ靴のまま出てしまった。
15:30_無事ライブ終了
16:30_アンケートを回収し、いただいたお花を持ってマンダラさんをあとに。(飯塚雅弓ちゃんからもおっきなお花が届いてた。ありがとう。(^-^) カードには“元気でいて下さいね”って。やっぱ健康第一よね(^-^) 。


(写真がほとんどなくてすみません。映りもあんまりよくなくて(^-^;))


終了後、楽屋にて。

その後学生時代(音楽学校の時)の女友達3人とスタッフとお食事したり喋ったりしてました。ホントに何年かぶりに合った友達もいて、でもみんな全然変わってなくて、すっごい楽しかった。マンダラさんからすぐそばの「若」っていうお店に入ったんだけど、そこのお店の人、お祝にワインを1本開けて下さり、店内でCDもかけて下さり、本当にありがとうございまいした。今日の(喉の)ためにずっとお酒を控えていたのでいただいたワインはとってもおいしく感じました。(^-^)(料理もおいしかったよん。)

(オフショット1枚→)


☆アンケートより☆
1.大津美紀の印象を一言で言うと?(一言じゃなくても可)

・ピアノで遊ぶしなやかなねこのような。
・ねこ。優しくふんわりした感じ。
・ねこ好き。
・引田天功かと思った(格好が)。(←スタッフ爆笑)
・最初は「不思議な人」と思ったんですが、今日目の前で観てやっぱり「ねこ」かなと。
・小さいのにパワフル!
・かわいらしい子猫のような感じ、ちょっといたずらっ子の。
・う〜ん、なんかはかない感じかも・・・ 。
・ふんわりとした印象を受けました。と同時に漠然と「猫」を思い浮かべました。
 ピアノの表現力、アレンジ、素晴らしかったです。
・透明感のある素晴らしい声。
・鏡 自分自身が気付いていないこと、あるいは気付いていることに気付いていないことを
 気付かせてくれる。
・ちょっと変わった子!でもとても素敵な女性。
・ステージ上で別の異星の人に変身してしまう。(←スタッフ爆笑)
・人間じゃないみたいだった。(存在感というかオーラみたいのが凄くあって)
・可愛らしさの中にある強いものを感じました。
 曲の中で強い部分とチャーミングな部分とが交互に出て来てあっというまの1時間でした。

2.印象に残った作品は?

集計の結果次のようになりました。

1位. 手のひらからこぼれる雨
2位. かたおもい
3位. 小指
3.御意見、御感想、大津美紀へのメッセージなど何でもどうぞ。

・楽しかったです。(塩川敬史さんより)
・どの曲もめちゃよかったです。アルバムとか出るなら入れて欲しいです。
 次のライブもあるなら必ず行きますので、頑張って下さい。(kottuさんより)
・今日のライブは強く心を打たれました。(はおんちゃんより)
・またライブがあったら絶対来ます。
 一人の音楽好きとして好きなアーティストが増える事はすごくうれしいことです。
 大津さんの音楽に出会えたことに感謝!です。(田口和朗さんより)
・楽しいステージをありがとうございました。
 この編成で「小指」がどうなるのか楽しみにしていましたがオリジナルに勝るとも劣らない迫力に驚きました。これからも楽しみにしています。(横山規さんより)
・CDよりホンモノのほうがやっぱりいいですね。意外なまでの迫力に圧倒されてしまいました。次回も楽しみにしています。(SWAさんより)
・私の人生ってこんなんでいいだろう?をテーマに軽く考えた運命論みたいな曲が聴いてみたいです。(ケン坊さんより)
・またライブがあったら教えてくださいね。
 バンドより小編成の方が歌がよく聴こえていいね。(ちほさんより)
・大津さんを知ったのは昨年末の岡崎律子さんのコンサートで、その後大津さんのホームページを拝見していて興味を持ちました。それでライブに伺ったのですが素晴らしかったです。 (ぢゅんさんより)
・これからも頑張って下さい。(渡辺経弘さんより)
・初めて生を拝見しました。この素晴らしさをみんなに伝えたいです。
 不思議とビオラと合いますね。(ウエムラさんより)
・ピアノ、チェロ、ビオラと、とても落ち着く音の中で生き生きとした動きを感じることができました。これからも頑張って下さい。(細村真由美さんより)

 今回はSecret Liveということもあり、かなりプライベーオなライブでした。今までライブ活動はほとんど行なっていなかった、というのもあり今後のためにもちょっと“度胸試し”じゃないですけど、ライブというものの感覚をつかむ、ということが目的でもありました。なので1曲目はピアノ弾き語りで演奏してみました。やはり一人のアーティストとして一人でもステージに立てるようにならないと、と思って。全体的には私はもっとこうしなやかに、というかつつましやかにやろう!なんて思っていたのです。編成もピアノ、ビオラ、チェロなので割とバラード系の曲を選んだつもりだったのです。しかし、やはり感情が炸裂してしまう大津美紀。「小指」の時なんかもう楽しくて楽しくて足で地面を蹴ってました(笑)。ああ、仕方ないよね。これはもう本能的なものだから(笑)。一番好評だった「手のひらからこぼれる雨」。自分では一番歌が心配だったの(だって、自分でつくっておいてなんなんだけどこの歌とっても難しいのよ。音域2オクターブ近く使うし!)。なのに一番声が出ていたから自分でも驚いた。何となくこの曲を唄っている時は、よくわからないけど大きな衝動にかられていたと思う。だからすごく一生懸命、というか、唄わなくちゃ!!伝えなくちゃ!!っていう気持ちになった。これがライブ独特のテンションなんだろうか。リハでは絶対にありえないテンションでした。でも唄っている時は割と大丈夫なんだけど(違う世界にいっちゃってますから)トーク、となると「えーと、えーと、、、」と突然現実の世界に戻ってこなくてはならないからからどうしても戸惑ってしまうのです(笑)。次回からは詩の朗読なんかにしておきましょうかねえ(←安全のため)。そしたらずっと違う世界にいられるしね(笑)。あやうく「しゃんしゃんしゃん」とか口走るところだった。何故だかワタクシ最近「しゃんしゃんしゃん」というのが口癖になってまして、すぐに言ってしまうの(笑)(リハの時からずっと言ってた)。なぜなんだーっ!?初めてのライブ、見守ってくれて本当にありがとう。とてもいい経験になりました。いろいろと勉強にもなったし、歌もピアノもまだまだまだまだという感じだけれど、少しずつ成長できたらいいなと思ってます。感情や想いをきちんと伝えるにはもっともっともっともっと練習しないといけないんだなあとかなり反省する点もございますが。でも昔は緊張のせいで息を吸うことができなかったのですが(←どうやって唄ってたんだぁ(^-^;))、今回はきちんと息を吸うことができたからまあほんのちょこっと成長、ということで(笑)。そのおかげで声も出たことだし(笑)。「ライブをどんどんやるべきだ!」というお言葉もたくさんいただきました。。というより早く“ばかずを踏め”ということなんでしょう(^-^;)。来れなかった人たちも応援してくれて本当にありがとう。いつか逢えるといいですね。(^-^)
p.s.はなつきねこを知らない人が大半なのにやはり私の第一印象はねこだった。(^-^;)しゃんしゃんしゃん・・・あ。(-ロ-;)(2001.5.21)